パイザカジノのブラックジャックの勝敗や引き分けのルールを知ろう

パイザカジノでブラックジャックに参加する場合、ブラックジャック自体をプレーしたことがないのであればルールを知らなければなりません。遊び方をよく理解せずにプレーを始めてしまうと、パイザカジノ内のウォレットに入れたお金が増えるどころかどんどん無くなっていき、最悪の場合追い銭をしなければならなくなります。

ブラックジャックのゲームの目的は、相手より手持ちのカードの合計点数を21に近づけることです。パイザカジノでは、基本的にはどのテーブルでもディーラーとの1対1の勝負となっています。もし、ディーラーとプレイヤーの合計点数が異なる場合、ディーラーの方が点数が高ければプレイヤーの賭け金は没収になり、プレイヤーの方が高ければ賭け金が2倍になって払い戻されます。

ただし、最初に配られた2枚の手札で合計が21点になっていれば「ブラックジャック」となり、勝利が決まれば払戻倍率が2.5倍にアップします。一方、ディーラーもプレイヤーも合計点数が同じであれば引き分けで賭け金は全額返還されますが、両者が21点だった場合はどちらか一方がブラックジャックであればその人の勝ちとなり、引き分けにはなりません。

ブラックジャックには、バスト(Bust)と呼ばれるルールがあります。これは合計点数が21点を超えてしまうことで、この状況になってしまうとその瞬間に負けが決まります。プレイヤーがバストした場合、その後ディーラーがバストになったとしても引き分けにはならず、賭け金は没収されます。友達同士で遊ぶ場合だと引き分けということにして遊ぶ人たちがいますが、パイザカジノのテーブルで遊ぶ場合、バストに引き分けのルールは無いので注意しましょう。