パイザカジノのブラックジャックでバーストする確率を抑える方法

パイザカジノ(PAIZA CASINO)でブラックジャックに何回も挑戦したプレーヤーであれば、バースト(Bust)を何度も繰り返した経験が少なくとも一度はあるでしょう。バーストは手札の合計点数が21を超えてしまうことで、ディーラーがこの状態になればプレイヤー全員の勝利となりますが、プレイヤーがこの状態になるとその時点で負けとなって賭け金が没収されてしまいます。大金を賭けてパイザカジノのブラックジャックをプレーする場合、勝負をする前に負けが確定してしまうバーストは特に防がなければなりませんが、どのようにすればバーストの確率を抑えることができるのでしょうか。

パイザカジノのブラックジャックでバーストを回避したい場合は、手札の点数が12~16のときにどうするかがポイントになります。11以下は1回引いただけでは負ける可能性はないため、迷わず「ヒット」を選択することができます。一方、17以上の場合はバーストする可能性が高いが、スタンドを選択すればディーラーのアクションの制限もあって勝利の確率がそれなりに高いです。しかし、12~16のときは1回目のヒットの時点でバーストしてしまうおそれがあるため、慎重にアクションを決めなければなりません。そんなときに役立つのが「基本戦略」とよばれる考え方です。

パイザカジノに限らず、全てのブラックジャックに共通した基本戦略の一つに、「ベーシックストラテジー」があります。この戦略では、最初の2枚の点数が12の場合はディーラーが表向きにしているカードの点数が4~6の場合に、13~16点の場合はディーラーが公にしているカードが2~6であるときにスタンドを宣言し、それ以外ではすべてヒットを選択すべきとされています。2回目以降のアクションでどうすべきかは別の戦略を使う必要がありますが、ひとまずこの方法を用いればバーストする確率を抑えながら勝負できるでしょう。