パイザカジノのブラックジャックで選べるダブルダウンとはどんなルールか

パイザカジノにはたくさんのブラックジャックのテーブルがありますが、その中にはカードを1枚引くことができる「ヒット」と、それ以上カードを引かずに勝負する「スタンド」の他に「ダブルダウン」と呼ばれるアクションが選べるようになっているものが多いです。パイザカジノのブラックジャックで大きく勝つためには、このダブルダウンの使い方を覚えることもポイントとなります。

ダブルダウンとは、はじめにベットした金額と同額を追加でベットする、つまり賭け金を2倍にする代わりに、1回しかヒットができなくなるアクションで、勝利したときの配当が大きくなる一方で負けるリスクも大きくなります。注意しなければならないのは手札が2枚のとき、つまり最初にアクションをとれるタイミングでしか宣言できないことで、スタンドを宣言した場合はもちろん、ヒットを宣言してしまった後にダブルダウンの宣言はできません。パイザカジノのブラックジャックでは、テーブルによっては手札の点数が9~11のときにしか選択できないようになっている所がある点にも注意しておく必要があります。

パイザカジノでブラックジャックをプレーする時にダブルダウンを宣言するチャンスは、2枚の手札の合計点数が9~11のときか、手札にAが含まれているときです。前者がチャンスといえる理由は、ブラックジャックで最も出る確率が高いカードが点数が10のものとなっているためで、仮にダブルダウンを宣言した後に引いたカードが10か絵札だったら手札の点数が19~21となって大きく勝利に近づきます。後者が狙いどきとされる理由は、Aのみ1か11のいずれかを選ぶことができ、バーストするリスクを考えずに手札の点数を21に近づけられるためですが、Aのカウント方法がどちらかで固定されている場合は宣言するほうがリスクが高いので注意が必要です。