パイザカジノのブラックジャックの必勝法について

ブラックジャックはパイザカジノの中でも一番勝ちやすくて稼ぎやすいと言われていますが、どうしてかと言うと明確な還元率が高く必勝法がしっかりとしているからです。その必勝法についてしっかりと理解しておく事が、まずブラックジャックを始める第一歩と言う事は間違いないでしょう。こうした中でペイアウト率が高ければ高いほど、負けにくくてとても勝利の回数が増えてきますが、その勝率を上げていくためにも一つの必勝法を理解する事がとても大切です。まず第一の基本として手持ちカードが12以上でアップカードが、もしも7未満だった場合は、スタンドすると言う必勝法をしっかりと理解しておきましょう。1以上6以下の場合は手持ちカードがハードハンド、と言う手になるので必ず全てを出さないでおくように気をつけておきましょう。エースを含まないて、1として数えるような手の事で、パイザカジノのディーラーのルールは17よりも大きくなるまでは、必ずヒットしなければいけないと言う事があるため、従って7未満の場合はしっかりとそこに1を追加させていくと言うのが必勝法のコツなのです。

そして17よりも小さな場合になってしまったヒットしを続けなければいけないので、そのカードを増やしていく事になる事によって、バーストの確率が非常に高くなってくるのです。また二つ目の必勝法としてはアップカードが7、8、9、10それから絵札の場合などの場合や、あとエースの場合などはハードハンド17以上になるまで必ずヒットするように気をつけておく事が、とても大切な方法になってきます。中と考えたような場合にはここを計の数が17となって、17よりより大きくなる事によってディーラーに負けてしまうと言う事になってしまいかねません。そう言う理由で、よく押さえておく事がとても大切になってきますがもうひとつの必勝法としては手持ちカードが90ジャックそれから13から18の時はどうすれば良いかと言う事ですが、このときは必ず気を付けておくようにしましょう。

つまり手持ちカードが9のような場合には、黄色のアップカードが3から6だったような時についても同様ですが、しっかりとダブルダウンをしっかり行なっていく事がとても大切になってくるのであり、10と予測した時にカードの合計の数が13から16になるような時には17よりも大きくなるまでヒットし続けなければいけない、と言う縛りがあるのでそれによって伏せてあった10だった場合でもしっかりと追加しなければいけない、と言うアクションがあるためです。7を取ってダブルダウンを行っていく事がとても大切になってきます。そして手持ちカードが10のような場合には、ディーラーのアップカードの数字によってはダブル管をしていきましょう。実際にから9だった場合には追加カード10と予測して新たに追加した場合20となってしまうと言う点が見えるのです。

さらにパイザカジノでは手持ちカードが13から18だった場合は、場合にはエースと2それから18の時などにはディーラーのアップカードが4、5、6と言う場合にダブルダウンをしていくと言う事がとても大切になってきます。そういった事をいちいち考えながらではなく、反射的にできるようにしていく事によって他の事にも頭を使えるようになりかなり勝率がどんどん高くなっていくと言う事はまず間違いがない事なのです。全体が18未満なら必ずヒットすると言う事もとても大切な必勝本になってきます。カードをさらに増やした場合でもバーストしまうような事はまずない。なにを優先するかと言う形で、しっかりテーブルを見つめるようにし、どんどん買っていく事ができるようになるのです。ディーラーの捨ててあるカードの予想の仕方と言うのが、決まっているためそれを丁寧に前提に理解しておく事によって勝率が一気に上がってくると言う事を押さえておきましょう。

それからエースが2枚配られた場合はどうすれば良いかは、知ってらっしゃるでしょうか。そのような時は、必ずスプリットを選択するのが定石です。11か1になるエースが、2枚あったような場合は合計は2でありそこでヒット数値を上げてくれるもスプリットしてしまった方が、バーストリスクを抑える事ができるようになってより勝率が上がってくるためです。ブラックジャックのような場合では、配られてしまった手札のディーラーやアッパーカードなどもあるのでパイザカジノで利益を得ていく事が、必要と言う事が言えるでしょう。場合によっては30万円から100万円まで稼いでいるような人もいるので、そういった事を、押さえてしっかりと取り組んでいく事が大切です。そのような必勝法と組み合わせてさらに投資の仕方のタイミングなども、パイザカジノでグッドマン法やバーネット法などウィナーズ投資法など理解しておく事によってより大きな勝利を得られるようになっていきます。